南海トラフ巨大地震!津波の浸水被害や予言について!

gれq

 

地震大国と言っても過言ではない日本。

 

記憶に新しい地震と言ったら、東日本大震災です。

津波を経験した知人から怖さは聞いていましたが、当時ニュースで流れていた映像は

想像を遥かに超えたもので、とても現実と受け止めることができませんでした。

 

あれから月日が経っていますが、未だ復興スピードが遅い状況に

まるで時が止まっているような錯覚を覚えます。

 

最近活発化しつつある、山の噴火も不穏な兆候です。

地震と山の噴火は切っても切れない関係といえるからです。

 

地震と噴火のメカニズムに少し触れていきましょう。

 

地震

地球の中が動くことで生じるもの。地球は核、マントル、地殻から成り立ち

地殻は硬い岩のプレートでできている。日本にはユーラシアプレート

北アメリカプレート、太平洋プレート、フィリピン海プレートの4つの

境界線の上にある為に地震が多い場所とされる。

 

噴火

世界には約1500の活火山があり、ほとんどが環太平洋地帯にある。

日本は世界有数の火山国。地震で海洋プレートが沈みこむことで大きく影響を受ける。

プレートが沈み込むと岩石が溶け出してマグマとなり、やがて圧力によって溶岩や

火山灰が噴出されることを指す。

 

M9クラスの地震は今までに何回かありましたが、そのうち殆どが4年以内に

近隣火山の噴火が確認されているそうなのです。

 

現在の山の活発化は、東日本大震災後に起きた自然な現象といえるのかもしれません。

 

日本には火山が多いとお話しましたが、ランク分けがあるのはご存知でしょうか?

100年活動度、または1万年活動度がとくに高い活火山:Aランク

100年活動度、または1万年活動度が高い活火山:Bランク

100年活動度、または1万年活動度がともに低い活火山:Cランク

と分けられているそうです。

 

危険度は別のランクづけで、噴火警戒レベルと呼んでいます。

噴火警戒レベル1(活火山であることに留意)

噴火警戒レベル2(火口周辺規制)

噴火警戒レベル3(入山規制)

噴火警戒レベル4(避難準備)

噴火警戒レベル5(避難)

 

噴火警戒レベルは今、47火山のうち30火山で運用されています。

殆どはレベル1ですが、いつ何があるかわかりません。

引用http://waowaowao.com/post-6965-6965

 

現在、心配されている地震と言えば南海トラフ巨大地震ですね。

東海地震・東南海地震・南海地震の3つが同時に起きる最大規模の

地震のことを南海トラフ巨大地震と言います。

 

南海トラフはフィリピン海プレートが沈み込んでいる場所です。

過去1400年を確認すると、100~200年の間隔で大地震が発生。

近年では1946年に起こってから70年近くが経過している為に

可能性が高まっていると言われています。

それでは大地震による津波の被害についての想定は現在どうなって

いるのでしょうか?

南海トラフ巨大地震での津波の浸水被害は?

 

現在33の都道府県で被害予想が出ていますが、その内

浸水の想定は24の都道府県になっています。

 

浸水被害の多い所から順番に

1位高知県 2位三重県 3位静岡県 4位宮崎県 5位徳島県

6位和歌山県 7位愛知県 8位鹿児島県 9位大分県 10位千葉県

11位愛媛県 12位大阪府 13位香川県 14位沖縄県 15位兵庫県

16位長崎県 17位山口県 18位神奈川県 19位東京都 20位岡山県

21位広島県 22位茨城県 23位熊本県 24位福岡県 となっています。

 

建物や電気、通信、水道など損壊した場合の復旧にかかる費用など

直接被害の想定は36都道府県に上っており、莫大な金額になっています。

 

最大430万人が避難の対象となることが予想されており

大地震後の食料不足は3日間で3200万食、飲料水は3日間で4800万ℓ

毛布不足は520万枚と言われています。

 

便利な時代に生まれ育っている現代。南海トラフ巨大地震についての特集番組を

見ていてもどこか夢のような、非現実的のような気がしてなりません。

 

大規模な自然災害が起きたときの脅威は計り知れませんが

いつ起きるのかが解れば、回避は無理でも最悪の事態を逃れることが

可能になってきます。

 

的中率が高いことで知られる、ゲリーボーネルさんをご存知でしょうか?

アカシックレコード(霊能力のようなもの)をお持ちの方のようです。

 

2011年9月11日に起こったアメリカ同時多発テロ(1986年頃の予言)や

1995年1月に起きた阪神大震災(1994年の予言)が的中していたそうです!!

 

怖い・・・霊能力とか霊って本当にあるの? ブルブル・・・

 

そのゲリーさんが南海トラフ大地震の予言もしているそうなのです。

内容気になりますよね?

南海トラフ巨大地震は予言されている?

今年の初期に起きると予言されていましたが、当たらなかったようです。

予言なので当たるも八卦、当たらぬも八卦です。

 

しかし、予言はあまりに具体的で笑い飛ばせる内容ではありませんでした。

 

2015年南海トラフの震源地は伊豆半島の南方付近、M9.2ぐらいあるが揺れる時間が短い。

その1週間後に東京直下型大地震M8.0の余震が起き、インフラは崩壊。

 

2016年半ば、北海道大地震でメタンガスが出て、海岸沿いの居住が不可能に。

 

2018年富士山の形が変形し、火山性ガスが大気に悪影響を及ぼす。

引用http://matome.naver.jp/odai/2142036723646520601

 

まとめ

漠然と日本は地震が多い国と認識していましたが、地震が多い=火山が多いことを

知りました。いつ惨劇が起きても不思議でない爆弾を抱えているようなものなのです。

今の便利で幸せな時代を当たり前と思わずに過ごしていくことが

とても大切なことだと思いました。

天災はいつ起きるか分かりません。

「あっ避難用に何も用意していないな。。。」と気づいた時こそしっかりそろえて備えておきましょう。

忘れたころに天災が起きても手遅れになってしまいます。

こちらであればスマホの手動充電まで出来る優れものです。まず確認だけでもしておきましょう。

☟☟☟

 

関連記事はこちら!!

南海トラフ地震はいつ起きる?予兆や被害想定!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る