ゲリラ豪雨の新予測システムとは?人気アプリランキング!

 

今日の降水確率は低かったのに、いきなり空が黒い雲に覆われたかと思ったら突然、強い雨や雷がおきる「ゲリラ豪雨」で困った体験をしたことはありませんか。

 

「ゲリラ豪雨」とは、突然大気が不安定になり湧き上がった積雷雲によって狭い地域に局地的な豪雨が降ることを言います。

 

「ゲリラ」の如くいつどこで豪雨がおこるかわからないので、予報が難しいと言われてきました。

人々は、自然災害に打つ手立てはないのでしょうか。

 

まだ知らないゲリラ豪雨の実態と便利なスマホ向けのゲリラ豪雨予測の人気アプリもご紹介します。

 

 

「ゲリラ豪雨はなんで起こるの?

 

ゲリラ豪雨は、動きがわかる低気圧などの雲とは違って、積雷雲が突然沸き上がり短時間の間に狭い地域に局所的に豪雨がおこることが“ゲリラ豪雨”の特徴です。

 

予測不可能で甚大な被害をもたらすことからつ「ゲリラ」のようなのでゲリラ豪雨と報道機関で呼ばれるようになりました。

 

都内では激しい豪雨で下水道の処理が追いつかず、雨水升から水が溢れだし海抜が低い地域では、家の中まで浸水、地下鉄が多く走っているので大量の水が地下に流れ込み死亡事故もおこりました。

 

広島では、1時間に約120ミリの記録的短時間大雨情報が発令され突然のゲリラ豪雨で山が崩れ河川敷の氾濫、土砂災害になり、多くの犠牲者がでた自然災害になりました。

 

参考文献:記録的短時間大雨情報

http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/bosai/kirokuame.html

 

発生原因のメカニズムは夕立と同じです。

 

温かくて湿った空気と冷たくて乾いた空気が混ざり合い大気が不安定になって積雷雲が発生します。

これに加え、都内で起きるゲリラ豪雨の原因は、アスファルト舗装が熱せられて起きる『ヒートアイランド現象』が積雷雲を発生しやすくしています。

 

夏の青空に時々見える大きくてモコモコとした入道雲は、積雷雲のことです。

「入道雲は夕立の相」という、ことわざがあるように、昔の人は雲の様子から天気の移り変わりを予測していたのですね。

でも、ゲリラ豪雨は短時間で急に積雷雲が発生するので予測難しいのです。

人間は自然災害の猛威に立ち向かうことはできないのでしょうか!!!

 

ご安心してください!

その予測が不可能だったゲリラ豪雨も、災害を未然に防ぐため「予測システム」が開発されました。予測ができれば、災害への迅速な対応ができますよね。

次にご紹介するのは、その新予測システムの「高解像度降水ナウキャスト」です!

 

 

「ゲリラ豪雨の新予測システムとはどんなもの?」

 

 

5811-web

 

高解像度降水ナウキャストとは

 

気象庁が提供している降水予報で、これまで気象庁が保有するレーダーでの雨量観測に加え、全国の自治体が保有する雨量計の実測値データや、国土交通省が運用している特殊なレーダーでの観測データを組み合わせることで、より高い精度の降水予報が提供できるシステムです。

 

地図上に降水予報を表示できる最少範囲のエリアを解像度と呼んでいますが 、この解像度も従来の500メートル四方から、250メートル四方へと精度が向上されています。

つまり、広い範囲で大まかな予報ではなく、より狭い局所的なエリアの予報が提供できるということです。

 

また、高解像度降水ナウキャストでは、積乱雲の発生メカニズムで述べたような地表付近の状況を察知し、積乱雲の発生予測もおこなっています。

 

これらのことからも分かるように、高解像度降水ナウキャストとは局地集中的な被害をもたらすゲリラ豪雨に重点を置いた降水予報システムといえるようですね。

 

 

「ゲリラ豪雨の予測の人気アプリランキング!」

 

NO1、雨かしら?[お天気地図]

NO2、東京アメッシュ

NO3、YAHOO!防災速報 

 

引用先:http://app-liv.jp/news/forecasts/1239/

 

用途に応じてアプリを選び携帯にインストールしておけば、外出時でも必要なゲリラ豪雨の情報が届きます。

かなりタイムリーに更新されて情報が届くので、

建物に避難したり、雨具の準備など現在いる居場所にあとどのくらいでゲリラ豪雨が来るのかを予測し行動することができます。

 

いかがでしたでしょうか。

予測できなかったゲリラ豪雨が予測できるようになったことで、

避難することや、ゲリラ豪雨を避け進行方向への経路を選択できるようにもなりました。

自然災害が起きることは避けられませんが、予測し事前に行動を移せることが、

大切な命を守れる結果に繋がると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る