ゲリラ豪雨の原因は地中温暖化?図やイラストで解説!

fq

 

近年、様々な被害を引き起こしているゲリラ豪雨。

その原因は地球温暖化ではないかと言われています。

実際に地球温暖化ゲリラ豪雨について図やイラスト説明しながら、その関係を探ってみたいと思います。

 

「ゲリラ豪雨が起こる原因とは?図とイラストで解説!」

 

 ゲリラ豪雨とは、そもそも気象庁では認められていない「局地的豪雨」「集中豪雨」の俗称です。

 ゲリラ豪雨の特徴としては、予測できない、積乱雲の発生により短時間に局地的な豪雨がある、7月〜9月にかけて多い、などがあります。

 

 では、ゲリラ豪雨が起こる原因とはなんでしょうか?

 

 ゲリラ豪雨は積乱雲が発生すると起こります。ということは、積乱雲が発生する原因がゲリラ豪雨の原因というわけです。

 では、積乱雲はどのように発生するのでしょうか。

 

 そもそも雨雲はどうやってできるのか、というところからイラストと図で説明したいと思います。

 

ccccc

 水分を含んだ空気が、なんらかの理由によって暖められると、空気は暖まると軽くなる性質をもっているため軽くなり、上昇気流となって上空へ昇ります。

上空は比較的温度が低く、暖められていた空気が急激に冷やされるため、空気中の水分が飽和状態になり雨雲になります。

ゲリラ豪雨の原因となる積乱雲も仕組みはこれと同じです。

 

 では、雨雲の出来方がわかったところで、ゲリラ豪雨の原因である積乱雲のいくつかの発生パターンを図とイラストにしてみました。

 

 

sccxzcxcxz

  • 海からの湿った空気が山へぶつかり上昇気流となって積乱雲を作る。

ゲリラ豪雨の多くは、海と山の間にある地域に発生します。その仕組みは上の図

のようになります。

 海からの湿った風が、夏場暖かくなっている山肌にぶつかり、上昇気流が発生、積乱雲を作ります。これが海と山の間の地域でゲリラ豪雨が多い所以です。

 

 

ccccccc

・ヒートアイランド現象により、海からの冷たい風が上昇気流になり積乱雲を作る。

 都会のエアコンや車の排気、アスファルトやビルの照り返しなどにより、都市部の温度が上がるヒートアイランド現象により、海からの冷たい風が暖かい空気にぶつかり、上昇気流となり積乱雲を作ります。

 都市部でもゲリラ豪雨は多く、ヒートアイランド現象が原因では、と言われています。

 

 

おおおおおおお

  • 海からの湿った風が、高層ビル群にぶつかり、上昇気流になり積乱雲を作る。

また、最初に紹介した、海からの湿った風が山にぶつかって上昇気流になるのと

同じことが、高層ビル群でも起きているのではないかと言われています。

 特に夏場、ビルは太陽光を受けてかなり熱い状態になっており、海から吹き付けた風が熱されたビルにぶつかることで、山肌にぶつかる以上に空気の温度が急激に上がり、暖まった空気は軽くなり上昇気流が発生します。

 

 このような要因で積乱雲が発生し、ゲリラ豪雨となります。

 

「ゲリラ豪雨が起こる原因には地球温暖化が関係しているの?」

 

 では、近年ゲリラ豪雨が増えている原因の一つとして地球温暖化は関係しているのでしょうか?

 気象庁はこのようなグラフを作成しています。

 

vvvvvvv

出典:気象庁ホームページ (http://www.jma.go.jp/jma/kishou/info/heavyraintrend.html
「[アメダス]1時間降水量50ミリ以上の年間観測回数」

 

 このグラフについて、気象庁は以下のように述べています。

 

『1時間降水量50mm以上の年間観測回数は統計期間1976~2014年で増加傾向が明瞭に現れています(信頼度水準95%で統計的に有意)。

1時間降水量80mm以上の年間観測回数についても同期間で増加傾向が明瞭に現れています(信頼度水準95%で統計的に有意)。これら増加傾向が明瞭に現れていることには、地球温暖化の影響の可能性はありますが、アメダスの観測期間は約40年と比較的短いことから、地球温暖化との関連性をより確実に評価するためには今後のさらなるデータの蓄積が必要です。』(出展:気象庁)

 

 1976年〜2014年まで、確かにいわゆるゲリラ豪雨は増加しているのは明らかですが、地球温暖化が原因かどうかはデータをとった期間が短いため、断定するには不十分だということです。

 またこちらは気象庁がとった「日本の気候の変化」についてのグラフなのですが、日本の平均気温が100年あたり、1.1度の割合で上昇していることがわかります。

 

 

vvcvxvcvcx

出典:気象庁ホームページ

http://www.data.jma.go.jp/cpdinfo/chishiki_ondanka/p08.html

 

「日本の気候の変化」

 

 これを見ると、気象庁のゲリラ豪雨(集中豪雨)の統計データの期間が短いため地球温暖化が原因とは断定できないとはいいつつも、地球温暖化との関係は明らかなように思えます。

 

 また、地球全体を見ても温暖化によって、各地で集中豪雨が増加しており、2014年12月にはインドネシア、スリランカなどで豪雨による大きな被害が出ていますし、2015年4月にはチリのアタカマ砂漠での集中豪雨、5月にはアメリカのテキサスとオクラホマ州に、また同月にはコロンビアでも、そして最近ではミャンマーの豪雨があり、こちらも大きな被害が出ています。

 

 地球の大気は、暖まることによって、空気中の水蒸気飽和量が上がり、大気中の水分量が増えているため、それにともない集中豪雨や台風の増加も指摘されています。

 またゲリラ豪雨のような集中豪雨を含んだ地球の異常気象については温暖化が原因であると多くの識者が指摘しています。

 

 また、地球温暖化だけでなくゲリラ豪雨の原因では?と指摘されているのが、ヒートアイランド現象です。

 

 これは地球の都市化が原因とされていて、昔に比べ都市化が進み、道路が舗装され、山や林を住宅地にしたり、エアコンなどの使用、ビルやアスファルトなどの照り返しから、人が集中する都市部の温度が上がっています。

その都市部の暖かい空気と海からの冷たい風がぶつかりゲリラ豪雨が起きる仕組みは先ほど図にした通りです。

 

ccccccccc

 出展:国土交通省ホームページ

http://www.mlit.go.jp/sogoseisaku/environment/sosei_environment_mn_000016.html)「ヒートアイランド対策」

 これは、ヒートアイランド現象の具体的な仕組みです。

東京などの大都市でなくても、日本中のあらゆる場所でアスファルト舗装が進み、森林が減っています。

 

 また、都市化による陸地の温度上昇だけでなく、都市化による高層ビルの乱立もゲリラ豪雨の原因と言われています。

これも先ほどの図に示した通りなのですが、最近では超高層ビルと呼ばれる、300メートルを超すビルも増えています。

300メートルといえば、裏高尾山などの小さな山くらいの高さになります。

 

 これが山の替わりをし、ゲリラ豪雨の原因となる積乱雲を発生させているとも考えられています。

 以上のことから、地球温暖化は気象庁からの正式な関連付けは発表されてはいないものの、ゲリラ豪雨の原因の一つと考えてもいいのだと思います。

 また温暖化だけではなく、ヒートアイランド現象や高層ビルなど、さまざまな要因が組み合わさって起きているのではないかと考えられます。

関連記事はこちら!!

ゲリラ豪雨の新予測システムとは?人気アプリランキング!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る